モビット 審査 時間

モビットの10秒簡易審査って一体なに?

モビットの公式HPを見てみると申し込みボタンの上に10秒で簡易審査結果表示!(※)と書かれていますがコレ、実は本審査の前の事前審査の事なんです。
借入可能かどうかがわかる事前審査だったら一度やってみよう!と申込みボタンを押して必要な情報を入力して進んでいくと申込みが完了し、確かに10秒で簡易審査結果表示(※)されます。

※10秒簡易審査とは本審査前の事前審査の事です。

申し込みが完了!?
最初からモビットを利用する予定で申込みをするのならこれで全く問題はありません。

>>>モビットに申込みたい人はコチラのから

 

しかし、借りられるかどうかの事前審査を試したいだけの人はちょっと注意しないといけません。
何故かというと、この申込みが完了した時点で「株式会社日本信用情報機構」という個人信用情報を集約して取り扱っている会社にあなたがモビットに申し込みをしたという情報が登録されてしまいます。
そしてその情報は申込み日から6ヶ月間は保管され、他の消費者金融や銀行などが必要に応じて閲覧する事ができます。
他の消費者金融や銀行でも同じような事を繰り返していると個人信用情報に申込みブラックという属性が付いてしまいます。

申込みブラックとは?
ある一定の期間において複数の貸金業者に借入のための申込みをしている人

  • ある一定の期間 ⇒ 概ね1ヶ月
  • 複数の貸金業者 ⇒ だいたい3社以上

この申し込みブラック属性が付いているだけで即審査落ちとする貸金業者が多いので新規の借入申込み・審査時に不利になる可能性が極めて高いので、貸金業者への申込みは慎重にしなければなりません。
基本的に個人信用情報の申込み項目は6ヶ月で記録から削除されるので、申し込みブラック属性がついたとしても半年待てば何ら問題はありませんが、その期間身動きできなくなってしまうのはちょっと辛いところですね。

 

モビットで借入可能かどうかをザックリ知りたい!という人は申込みが一切不要なお借入診断というボタンを押して診断をしてみると良いでしょう。
総量規制に引っ掛からないかどうか、利用できる年齢であるかどうか、などを簡単にチェックできる診断内容となっています。

モビットの本審査は最短30分のスピード審査!

モビットの申し込みが完了した後は、申込み内容の確認電話(WEB完結の場合はメール)が入ります。
その案内に従って運転免許証などの本人確認書類を提出すると本格的な審査が始まります。
審査にあたって勤務先への電話確認が必要になる事がありますが、オペレーターの個人名で電話がかかってくるので職場に借入審査の事がバレる心配はないです。
必要書類の提出、勤務先への電話確認が完了すれば後は審査完了の連絡を待つだけなのですが、だいたい最短30分程度でメールもしくは電話にて連絡が入ってきます。
ただし平日19:00までに申し込みをしないと審査の結果は翌営業日以降となってしまいますので、急いで融資を受けたい人は注意をしておいてください。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

 

審査が完了してから実際の借入までは通常申込みの場合はモビットカードを郵送もしくはローン申込機で受け取った後、そのカードを使ってコンビニなどに設置している提携ATMなどから現金を引き出す事ができます。
また別途契約書などの書類がモビットから送られ、必要事項を記入し返送する事で正式な契約は完了となります。
このモビットカードの受け取りが煩わしい!という人は審査が完了したらすぐに利用できるWEB完結申込みをオススメします。
WEB完結申し込みが利用できる条件は下記のとおり。

 

  • 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている人
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている人

 

申し込み受付時間内にWEB完結申込をして審査に通過すれば振込という形でその日のうちにお金を借りる事も可能です。(平日14:50までの振込手続完了が必要です。また、審査結果によっては希望に沿えない場合もあります。)

モビット即日借入お申込み