審査 勤続年数

勤務先の勤続年数は借入審査に大きく影響

勤務先の勤続年数が短い場合、審査に落ちてしまう可能性が上がってしまいます。

勤続年数

審査

6ヶ月未満

厳しい

6ヶ月以上〜1年未満

まだ厳しい

1年以上〜5年未満

普通

5年以上〜10年未満

まぁ大丈夫

10年以上

ほぼ大丈夫

といった具合にやはり勤続年数が長ければ長いほど審査には有利になってきます。
だからといって入社したばかりなのに勤続年数10年などと虚偽の申請をしてしまうと9割9分バレてしまい、個人信用情報に嘘つきというマイナスの要素が追加されてしまいます。
たとえ勤続年数が6ヶ月未満であろうと正直に報告をしないと後々大変な目にあうので注意して下さい。

 

>>その他、審査に落ちる原因を確認したい人はコチラ<<